金貸しとはなに?

金貸し、とよばれる職業自体は貨幣の使用が始まってすぐに発生したものであるといわれています。歴史上でも禁止されていた時代があったり、利息をとる金貸しを否定的に見るむきもあったようです。

こういった金貸しという単語から連想されるネガティブなイメージとは反対に、経済活動の発展や資金の流動性を高めることなどの働きをしていることも間違いありません。金貸しといわれる金融業者は規制を受ける立場にありますが、規制をしすぎてしまうと不況時には逆効果であり、景気回復を阻害することになってしまう場合もあります。

金貸しと以前はよばれていた金融業者は、以前はトイチなどと呼ばれた法外な利息を設定している悪徳な業者も少なくありませんでした。それゆえさらにネガティブなイメージが金融業者やお金を借りることに対してはつきまとってしまっていました。しかし、現在ではそういった金融業者でも自分にメリットがあるところを取捨選択できるようになっています。悪徳業者がなくなったわけではありませんが、利用者が正しい知識を持つことで多重債務などにならないように法律が少しずつ改正されていったのです。貸金業者を利用することは、経済の面からいっても一概に悪いことばかりではないのです。

返せないほどの借り入れをしてしまったり、返済できていないのに次から次へと借り入れしてしまったり、ということでは借金地獄と呼ばれるものに陥ってしまいます。しかし、返済のめどが立っている金額のみ利用することという基本さえ外さなければ、欲しい物を逃してしまうということもなくなるでしょうし、その時にやらなければならないことのタイミングを外してしまうということもなくなるでしょう。

これからお金を借りたいと言う方は、キャッシングの審査ではどこを見られる?などのサイトで、自分が借りられるかチェックしてから申し込むと良いでしょう。